借り入れ 申込み窓ロ

借り入れ 申込み窓ロ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロミス

 

 

 

スマホ・webで24時間申込可能

 

 

来店不要・最短即日融資

 

 

 

 

 

プロミス 詳細はこちら

モビット

 

スマホで24時間キャッシング

 

 

申込から借入までweb完結

 

 

 

 

 

モビット 詳細はこちら

アイフル

 

 

 

スマホで24時間キャッシング

 

 

申込から借入までweb完結

 

 

 

 

アイフル 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロミス

プロミスとは、SMBCコンシューマー・ファイナンス株式会社が運営している消費者金融会社です。プロミスではキャッシングに加えて、貸金業法に基づくおまとめローン、自営者カードローン、目的ローンの4つの商品が展開されています。メイン商品であるフリーキャッシングは、18?69歳までの安定した収入がある方が対象です。会社員はもちろんのこと、アルバイトやパートの方でも利用できる可能性があります。

 

プロミスはサービス内容が豊富なのが特徴です。プロミスの審査は最短即日融資が可能となっています。即日融資を利用したい場合は、Web・アプリや自動契約機で申し込むのがおすすめです。ただし、審査内容や時期によっては時間がかかる場合があるので注意してください。30日間無利息で利用できるサービスもあります。プロミスで初回契約した方に限り、借入日の翌日から30日間までなら無利息でキャッシングを利用できるのです。

 

わずか10秒後に指定の口座へお金が振り込まれる瞬フリというサービスも展開されています。Webの会員ページから振込依頼すると、24時間365日いつでも最短30秒で希望金額を振り込んでくれる便利なサービスです。利用できる金融機関が決まっているものの、全国約200の金融機関で手続きできるので問題ないでしょう。なお、手続きした時間帯によっては、翌日振込になるケースもあるので注意が必要です。貯めるとお得なポイントサービスも用意されています。ポイントを貯めると、提携ATM手数料が無料になったり、ポイント数に応じて一定期間無利息になるサービスを受けられます。

 

プロミスを利用する際は、Web・アプリ、来店または電話という3つの申込方法があります。手続きの際は、運転免許証や健康保険証、パスポート、マイナンバーカード、在留カードなどの本人確認書類が必要です。Web・アプリを利用する場合は、まず申込フォームに氏名や住所、借入希望額などを記入してください。次に運転免許証などで本人確認が行われます。申込後に届いたメール内のURLにアクセスし、申込時に入力したパスワードを使ってログインします。

 

アプリを使って、顔と運転免許証の写真を撮って提出しましょう。プロミス側から依頼があれば、収入証明書類の提出が必要になる場合もあります。キャッシングの審査結果はメールまたは電話で届きます。Web上で契約手続きが完了すれば、すぐに借入が可能になります。なお、審査が完了した後に店舗に来店して、カードを発行してもらってから借入することも可能です。

 

 

 

 

 

 

プロミス 詳細はこちら

 

 

 

 

プロミスレディース 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

モビット

モビットの正式名称はSMBCモビットと言い、運営会社はSMBC(三井住友銀行)グループの株式会社SMBCモビットです。カードローンのキャッシングサービスを展開しています。最短即日融資が可能なので、急ぎのお金が必要になったときに便利です。SMBCグループであるのに加え、健康経営優良法人2022(大規模法人部門)にも認定されているので安心してお金を借りることができます。全国の提携ATMやローソン銀行ATMで24時間対応しており、時間を気にせず申込・借入・返済が可能です。返済すると利息分200円に対して1ポイントのTポイントが付与され、返済にも1ポイント1円としてTポイントが利用できるのもモビットの特徴です。会員専用のネットサービス「Myモビ」を利用すると、利用状況の照会や借入・返済の相談などができます。

 

住友銀行か三菱UFJ銀行、みずほ銀行またはゆうちょ銀行に口座がある人と、社会保険証か組合保険証のある人は手続きがweb申込で完結します。ネットで口座に入金され銀行のカードで出金ができるので最短即日融資が可能ですが、入金のタイミングは金融機関によって異なります。本人確認の電話や、契約書類の郵送などはありません。カード申込をした場合は、モビットカードは、ゆうパックで指定のコンビニなどに届きます。最寄りのローン契約機でも受け取れます。モビットアプリをスマホにインストールすれば、モビットカードなしで24時間取り引きが可能です。セブン銀行・ローソン銀行のATMもカードなしで利用できます。

 

モビットを利用するには、まずWebの簡易審査を受けましょう。必要事項を入力すると、審査結果が10秒で表示されます。本審査の結果はメールか電話で、最短30分で確認できます。そのままネットか電話で契約でき、契約後は提携ATMか振り込み融資を利用できます。もっとスピードアップしたい場合はネット申込後にコールセンターに電話すると、すぐに審査が始まり手続き完了後最短3分で口座にお金が振り込まれます。借り入れの申込資格は20歳から69歳の安定した定期収入のある人で、アルバイトや派遣社員、自営業でも可能です。運転免許証か、健康保険証などの書類が必要です。入会金や年会費はかかりません。

 

借入方法は振込キャッシングと、連携ATMでのキャッシングがあります。返済は口座振替・提携ATM・インターネット返済などが選べます。金利は実質年率3%から18%です。利息は日割り計算になります。たとえば、10万円を18%の金利で30日間借りたときの利息は1,479円になります。

 

 

 

 

 

モビット 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

アイフル

アイフルとは、カードローン、キャッシングローンのほか、事業サポートを請け負っている消費者金融です。正式名称は「アイフル株式会社」です。アイフルは1967年に創業、1978年に設立されました。1978年当時の社名は「株式会社丸高」であり、1982年からアイフル株式会社を名乗り始めます。2020〜2021年の消費者金融の営業収益ランキングでは、アコム、三井住友FGに次いで、3位となりました。テレビCMやWeb広告も有名であり、日本でもっとも有名な消費者金融のひとつだといえます。20〜69歳で安定した収入のある人なら、誰でも申込可能です。

 

アイフルのサービスの特徴は、「最短即日融資」です。Web申込なら、審査は最短25分で完了し即日融資を受けられます。さらに、初めての利用なら30日間は利息0円です。融資を受けても、30日以内に完済すれば利息が発生しません。そのほか、振り込み手続きには、24時間365日対応がなされます。土日祝日も関係がないので、すぐにでもお金が必要な人には向いているサービスだといえるでしょう。ただし、指定の金融機関の受付時間外なら、翌営業日以降に振り込みは持ち越しとなります。

 

アイフルの申込方法は「Web」「スマホアプリ」「電話」「無人店舗」「専用窓口」の5種類です。このうち、場所を選ばずに申し込めるのは、「Web」「スマホアプリ」「電話」です。Webとスマホアプリでは、入力フォームに基本情報や収入状況を打ち込んで、審査を待ちます。電話でも流れは変わらないものの、自分で入力をするのではなく、オペレーターに情報を伝える仕組みです。

 

無人店舗では、係員と電話でやり取りをしながら、必要事項を入力します。専用窓口でも係員を通して、必須事項を埋めていきます。なお、審査に申込むためには本人確認と収入証明の書類が不可欠です。本人確認書類としてアイフルが認めているのは、運転免許証、個人番号カード(表のみ)、住民基本台帳カード、特別永住者証明書、在留カードなど、顔写真付きのものです。あるいは、公共料金領収書や国税・地方税の領収書、納税証明書が必要になることもあります。そのうえで、源泉徴収票や給料明細などの収入証明書も提出しなくてはなりません。

 

アイフルの審査に通ったら、利用開始となります。審査結果は電話かメールで、申込者の希望に応じて通知されます。自宅や職場への在籍確認は原則的に行われていません。ただ、審査状況によっては電話がかかってくることもあります。契約後の借入方法は振込やアプリ、ATM利用などです。振込やアプリだと、カードがなくても利用可能です。

 

 

 

 

 

 

アイフル 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャッシングコラム

キャッシングを利用する際に気になるクレヒスについてですが、クレヒスというのは「クレジットヒストリー」の省略形であり、その人の過去のキャッシング履歴が全て残されています。
キャッシングを行った後、ちゃんと支払いが完済できればクレヒスも信用性のあるものになり、次からのキャッシング利用がそれだけ有利になるのです。こうした事情のためクレヒスというのは大事なものなのです。

 

 

 

延滞しないよう、細心の注意を払って計画を立てて期日に間に合うように返済するのをお勧めします。
入社三年目で後輩が何人かできて、気が大きくなっていたのかもしれません。

 

後輩たちの飲食費に出費を重ねていったところ、自分はそんなに遊んでいないのに、給料日までまだあるのに、手持ちの現金がわびしくなってしまいました。そのとき、クレジットカードを持っていたことを思い出しました。キャッシング機能があるのに気づいたのです。

 

 

 

限度額は50万円と余裕がありますし、自分の口座から出すみたいに簡単だし、月々いくらかに分けて返済していけば良いのです。
最初に不足分を大きく借りたのがいけなかったのかもしれませんが、早々とキャッシングの上限金額まで使い切ってしまいました。

 

 

借金はあまり他人に知られたくないものです。ましてカードローンやキャッシングは家族や親に知られたくないという人が少なくないでしょう。

 

 

 

やましいというより、そのほうが気持ちがラクなのではないでしょうか。

 

 

借金が知られてしまうのは、自宅への書類送付があるからです。これを回避するには、いま話題のWeb完結が最適の方法だと思います。インターネットで申込みできるのは普通ですが、本当にウェブだけで手続きが『完結』するのがミソなんです。当然、カードや明細送付もないので同居の家族にバレる心配がありません。ただ、明細だけはWEBでしっかり確認しておいてくださいね。カードローンやキャッシングなどでは、延滞だけは避けるようにしなければいけません。

 

通常より高い延滞利息を払う必要があるので損なだけでなく、何度も延滞すると、理由はどうあれいずれブラックリストに登録され、キャッシングそのものが利用できなくなってしまいます。

 

借りるときも便利なキャッシングは返すときも便利で、さまざまな返済方法・窓口が用意されていますから、余裕を持って返済していくことが大事です。返済実績があっても、延滞すると信用を損ねます。そのことは絶対に肝に銘じておくようにしてください。便利な点も多いキャッシング。

 

 

 

しかし、つい返済を延滞してしまうと資産を差し押さえられてしまう諸刃の剣です。
差し押さえられるのは銀行の預金口座や勤め先の給与ですが、例えば、給料についての差し押さえは、最大で4分の1の金額までと決まっています。

 

あなたが年金生活者の場合、問題はさらに深刻で、年金の受取り口座を差し押さえられてしまったら、1円も手元に入ってこないということすら有り得るのです。
このような事態を防ぐためにも、返済の目途をちゃんと立ててキャッシングを利用しましょう。カードローンやキャッシングを申し込むと、勤務先へ電話(在籍確認)がかかってくることがあります。

 

いきなりローン会社の社名は出してきませんが、電話番号でバレたりするのではないかと思うとあまり気持ちが良いものではないですよね。そういったユーザーの声を汲んで、在籍確認なしで審査が完了する方法もあります。

 

対応のきめ細かさでは、大手に優るものはないでしょう。

 

 

 

勤務先に知られたくない旨を相談すれば、それに代わる書類審査方法を教えてくれて電話連絡なしで審査する方法をとってくれます。

 

すべての会社が同様というわけではないので、先に確認しておくと良いでしょう。カードローンの申込みで準備しなければいけないものは、一般に言われているほど多くはありません。
個人の貸借履歴や会社ごとの審査基準によりますが、写真付きの免許証やパスポートがあったら、業者が必要とする基本的な情報は揃うので大丈夫です。こんなふうに、実際に借りるのは簡単です。

 

 

しかし返済時に「借りれて助かったな」と笑って返せるかは、借りる側の姿勢によるところが大きいでしょう。ちょっと苦しいけど頑張って一括返済するも良いし、無理せず分割にするのも良いでしょう。

 

 

借入額を決める前に、完済までの確実な道筋をイメージすることが大事なのではないでしょうか。何といっても、誰かあるいはどこかからお金を借りることになってしまったら、気を付けたいのは、期待をこめた、見通しの甘い返済プランに完済は訪れないことを念頭に置くことです。そもそも借りたお金の返済に充てるお金というものは、返し始めには相手への感謝の気持ちが勝っているため、意外に調子よく返していけることに浮かれ、もう返した気になってしまうことすらあります。こんなことを言っては何ですが、それはあくまでも錯覚です。

 

 

何か困ったことが起こって当然なのです。急病や失職、その他の予期せぬ災難で支払いが滞ることもよくあることです。

 

債務不履行になることだけは避けたいですから、金額設定ではそのことを踏まえた金額におさえ、更にもう一声下げた金額にするといいです。

 

このようにどんなことが起こっても対応可能な金額での返済なら、中途で挫折することはないでしょう。複数のカードローン会社から借り入れを行っていると、だんだん管理が難しくなって毎月の返済が負担に感じられることもあるでしょう。そんなときにお勧めしたいのが「おまとめローン」です。

 

 

 

複数のローンを1本に集約できるので制御不能になることもありません。

 

 

最近増えてきたサービスですが、それだけ利用者が多いということです。
一か所にまとめれば金利や手数料の負担も減り、利用するメリットは高いと思います。

 

 

 

最近は短時間で審査が済みますが、まったく審査なしでお金を借りることは99.9999%できないと思ってください。
担保の有無に関わらず、きちんとした業者なら審査はあるはずで、無審査でお金を貸すような会社は背後に違法な組織があったり、法外な金利を設定している危険性が高いです。
審査が心配なら違法ではなく、比較的審査の甘いところに申し込むべきです。カードローンなら楽天が審査が通りやすいという評判です。著名な会社なのに貸金業では新参だからかもしれません。よそで審査に落ちた人でも申し込んでみて損はないと思います。消費者金融のキャッシングは独自の契約なので、利用の際に銀行口座の有無は問われません。店舗に行くか、それが難しい人は自動契約機を利用して、銀行口座を経由することなく審査がその場で行われ、キャッシングがすぐにできます。

 

カードが送られ、利用できるまでの日数はかかりますが、ウェブで借り入れ契約の申し込みができるところも少なくありません。
多くの銀行で、個人へのキャッシングを中心とする関連会社を持っていますが、そこでも自行の口座なしでキャッシングの申し込みや、銀行ATMでの融資ができるところも増えてきています。収入のないニートがお金を必要とすることは生きている以上当然のことですが、借金に関しては、親のことを考えて思いとどまるよう説得しに来る人もいるかもしれません。

 

いったい誰にそんな願いを持ちかけるか、考えもつきませんが、お金を貸すことを専門にしている会社はもちろんのこと、個人事業のようなところでも貸してくれるどころか、ニートに貸すお金などないと追い払われるのがおちです。でも、お金を貸すことのとらえ方は人によりけりです。

 

家族や親族などの中で、お金を借りることができることも、よくあるでしょう。

 

 

 

結局返せないような事態が起こるとしても、本人たちさえ納得していれば、別に他人に迷惑をかけなければ何も言う事はありません。でも、感謝の気持ちを忘れないようにしたいですね。
お金が足りなくなりそうなときに海外旅行などに誘ってくる人がいるものです。

 

割とあちこちで耳にします。

 

 

普通の人にとって、海外旅行は頻繁に行けるケースは少ないでしょうし、行けるときには行きたいものです。
それならキャッシングの利用も考えてみて下さい。今までキャッシングでお金を借りたことがない人だと、借りてから30日間は利息を支払わなくて良い消費者金融の利用も考えてみましょう。
専門学校の卒業が間近になった頃、僕は憂鬱でした。
単位不足で卒業が6月に延期になったからです。
学費もそれだけかかります。親に言えばいいと思うかもしれませんが、ただでさえ自分にお金かかってるのにと思うと言えなくて、学生でも借りられるというローンを申し込もうとしたことがあります。

 

ただ、学生なので親に連絡がいくような気もしたし、バイト先の人に諭されたのもあり、結局、借りることはなかったです。

 

 

学生でも借りられるローンって、いま思うとなんだったんでしょう。

 

 

いまさらですが、あのときは知りもせず、無謀なことを考えたものだなと思います。

 

自分では大人だと思っていたけど、甘かったんでしょう。二つ以上の会社からキャッシングで融資を受ける際にはその金額については総量規制を受けるので、利用可能額が各社合計でどうなるかをよく確かめてから借り入れの申し込みを行わなければなりません。消費者金融会社が、こうして総量規制を設定しているのは、キャッシングの利用者が多くの金額を返済のあてもないのに借り入れすることを防止するためで、その額は年収の額によって変わってきますから、今自分がどれだけ借りているかを確認の上、判断する必要があるのです。高額なお金が急ぎで必要なとき、貯金は自由に使えないという悩みがあるのなら、キャッシングがおすすめです。毎月一定の収入を得ている派遣社員やアルバイトの方ならば融資を受けることが可能ですし、配偶者の方がお勤めであれば、専業主婦のあなたも融資してくれるキャッシング業者も少なくありません。

 

 

一定の条件をクリアすることができれば、即日融資も可能です。キャッシングの返済では、借入額が高額なほど返済期間も長くなってしまい、金利も多く支払わなくてはなりません。

 

 

 

利息の負担を軽減させるためにも、もし、できるようであれば繰り上げ返済を行うとよいでしょう。月々の返済の金額は決められているものですが、それ以上の額の返済を行っていくと、キャッシングの返済期間も長引かず、利息の負担も少なくできるのです。
給料日前でお財布がピンチな時とはいえ、ゲットしたいものがある際は、キャッシングで乗り切っています。スマホから審査申込みの手続きを済ませておけば、即日で審査通過となります。

 

その後は、職場のそばのコンビニのATMで出金します。

 

 

コンビニなら、キャッシングの利用がばれることもないので安心です。しかも、面倒なことがなく楽ちんです。
クレジットカードと同様、キャッシングも自宅に明細書が送られてきます。家族が心配するのでなんとか内密に借り入れできないかネットで探してみたら、意外なことに、ペーパーレス(利用明細送付なし)の金融機関がけっこう存在することを知りました。知名度が高いところが多かったですが、特にレイクの「180日間無利息」が群を抜いていました。

 

181日以降は利息がつくので、それまでに返済してしまえば実質0円です。ネットで申し込むと即日振込でしたし、明細書もネット上で確認するので自宅への送付は回避できます。

 

おかげでやりくりも楽になりましたし、気持ちも楽になりました。
弟が、バイクを買うという目的で、まだ大学に通う学生の身分にもかかわらずろくに考えもしないで、キャッシングサービスに手を出していたことが私たちの親にばれちゃったんです。

 

 

普段は遠くの大学に通うために実家を出て下宿していたので、家族の誰も、彼がキャッシングに手を出したなんて知る由もありませんでした。

 

 

 

けれど、弟が支払いをきちんと行わなかったせいで「ご子息の借金滞納の件」ということで親にまで連絡があって、あっさり露見してしまったというわけです。

 

最終的には、お金はしっかりと親が支払いました。

 

 

無論、親はかなりご立腹で、弟は気の毒なぐらい怒られていましたね。

 

はじめてキャッシングを利用する人には、1枚のカードでコンビニでもお金がおろせるカードローンは便利でおすすめです。

 

思いついたときにネットで申込手続きできて、勤務先への在籍確認のTELがイヤならスマホアプリを使ったり、写メ等でOKだったりしますので、いつでも迅速に手続きできます。あらかじめ小額に抑えておけばすぐに返せば無利息で借りれて年会費もかからないので、安心のために持っておくと良いでしょう。

 

 

お金が必要になると、目先の支払いに焦って借りやすくて金利が高めの金融業者や銀行のおまとめローン等に、考えが偏りがちになります。
ただ、生活に必要な住居費・光熱費・食費等や、就労に必要な面接費や当座の交通費等であれば、公的融資を申し込んでみるのはどうでしょう。
たとえば社会福祉協議会なら、最大3.0%という低い金利で貸付けを行っています。審査はありますが、該当するなら利用する価値は高いでしょう。
社協の生活福祉資金貸付制度では連帯保証人を立てられれば無利子(利息負担ゼロ)となる点がありがたいです。このような公的制度があることを知った上で最適な判断をしてください。カードローンで絶対に避けなければいけないのは、延滞です。期日までに返せないでいると、利用停止といって、カードが使えなくなり、借り入れができなくなります。また、支払いを催促する手紙が自宅へ送られてきます。

 

 

 

開封しない、気づかなかったという言い訳はききません。無視する状態が続くと、債権回収を専門とする会社に債権が譲渡され、ゆくゆくは裁判ということになります。
延滞しないことが第一ですが、もし期日に間に合わないようなら業者に連絡すると、状況を聞いたうえで、対応してくれる場合もあります。

 

「嘘の申告をしてカードローンの審査に通った」という話をたまに聞ききますが、それは電子化以前の話のようです。
事実だけ言えば、それは私文書偽造として刑事罰を受けるおそれがあります。ただ、審査中に発覚したとしても会社としてはもれなく通報するとは考えにくいですが、あくまでも会社の自主性なのでわかりません。
それに、詐称して融資を受ける(受けられる)ことはまず、ないのではないでしょうか。
それで運良く(?)審査に通ったりしたらなお大変です。判明すれば全額一括返済は確実で、借入停止でまともな会社はどこも利用できなくなってしまうという金銭の貸借は信用取引です。
むざむざ自分の信用に傷をつけることはやめてください。キャッシングやカードローンというのは近頃では、ユーザーにとって非常に使いやすいものになってきています。
とくに昔と変わったなと思うのは、ネットのみでサックリとすべての手続きを済ませられるサービスの登場です。比較的小額の融資の場合、免許証か、その他の本人確認書類さえあれば写メやスキャナを利用して本当にネットだけで契約完了します。手続きを終えたら銀行口座に入金してもらうこともできますし、カードを発行してもらうことも可能です。でも銀行にすれば、コンビニエンスストアのATMを使って24時間お金を受け取れます。キャッシングの近年の動向を見ていると、審査そのものが緩くなってきているように感じます。
昔は借入する金額に関わらず、複数の提出書類が必須でしたし、普通に申し込んでも即日融資なんて論外だったのです。それが今は、あれもこれも不要で、数十分以内に審査が終わって、融資金を受け取れるのです。
乱用はできませんが、借りる立場としては、時代の進歩を感謝せずにはいられません。一口にキャッシングと言っても会社によって他と同じサービス内容を指すわけではないので、少しでも得ができるようなところをぜひ探してみてはいかがでしょう。
例えば、一定の期間内における金利に関してはサービスによっては無料になる場合があります。
特に借入額が大きいときなんかは馬鹿に出来ない金額になる場合もありますから、お得なキャッシング選びの基準なんてわからないと感じたときは決め手となるのではないでしょうか。カード会社や消費者金融を利用してお金を借りる時はどこかに出向くことなくスマホだけでお金を借りる方法を探すと即日融資になる可能性が比較的高く、お金が必要な場面においても有用です。スマホから融資の依頼をする利点は電車やバスに乗っている最中であってもやりたいときに簡単に必要な情報の入力を行ってそのまま送信でき、突然お金が要る事態に遭遇したときにも有用でしょう。
即日融資はカードローンでも当たり前のようにできます。例えば、ネットを利用して申し込めば、もう数時間後には現金を手にすることが出来るのです。
先に現金を振り込み、カードの発行は後回しにしているという事ですよね。

 

とはいえ、カードが手元に届いた後でも利用をネットに限っても良い場合が多いため、実際のところはカードレスローンと言えるかもしれません。
債務整理の最中にキャッシングを行うのは果たして可能なのでしょうか?これがズバリ、できるんです。
「バレなければ大丈夫」とはよく言ったもので、業者によってはキャッシングに応じてくれることもあります。ですが、バレてしまったときには裁判所の免責許可が下りなかったり様々な問題も孕んでいます。
また、債務整理をする羽目になった理由は何だったか、行動する前によく考えてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ戻る